見逃せないお得な情報や、押さえておきたい旬なネタ、テレビやスポーツなどの情報を発信しています^^

なまらあっつい

スポンサーリンク

芸能・ニュース

新型コロナを巡り米中が非難合戦 中国がこの後に及んで欧州企業買収や軍事行動

更新日:

近頃メディアで、アメリカが中国に対して新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の責任を取れと、独自に発生源などの調べを進めていると報じられている。

 

世界中で新型コロナウイルスを巡り様々な情報が飛び交っているが、とりわけ米中の非難合戦がエスカレートしつつあることが話題だ。

 

個人的にもとても気になるので、今回はこのことについて少し深掘りしてみた。

アメリカ側の言い分は
武漢のウイルス研究所から流出

アメリカ側は独自の調査でこのタイトル通り、今回の新型コロナウイルスのパンデミックは、武漢のウイルス研究所からのコロナウイルス流出であると確信したと述べている。

またその確かな証拠を複数発見したという事。

 

 

当初は、武漢の華南海鮮市場でのコウモリやネズミなどの生き物との接触やそれらを喰べた事が元で、新型コロナウイルスが発生したのだろうとの見解だった。
しかし武漢市民の話では野生のコウモリを食べる事などなく、それどころかそもそも野生の獣を食べる人はいないし目にすることも無いと話している。

 

 

中国政府の発表と地元の人の話には食い違いがあるようだ。
そもそも私も含め武漢にウイルス研究所があるとは知っていた人は少ないのでは無いだろうか。

 

アメリカのポンペオ国務長官は、
『中国がWHOにすぐに報告せず全ての情報を共有もしなかった』
『危険性を隠蔽した』

と中国を批判した。

 

 

またアメリカはWHOに対しても怒りをあらわにしていて、大統領補佐官も
『アメリカはWHOにこんなに拠出金を出しているにもかかわらず、WHOは中国に支配されそのプロパガンダの道具になっている』
と発言し、中国からWHOへの賄賂を疑っている。

 

結局アメリカは、WHOへの拠出金の停止を決定した。

 

トランプ政権は、ウイルスの発生源だけでなくWHOと中国の裏金のやり取りの調査まで行っているのだ。

 

そして立証できる証拠をつかんでいると、アメリカの大統領補佐官がラジオ番組で公言した。
アメリカの情報力は、海外映画やドラマで目にするように本当に驚異的で恐ろしささえ感じる。

 

アメリカ側が本当に確かな情報を握っているのであれば、中国だけでなく、WHO側もこれから危険な状況に陥ることになるのは間違い無いだろう。

中国側の言い分は
アメリカが持ち込んだウイルス

ウイルスが中国武漢から発生したのは確かな事だ。
問題はそのウイルスがどこから来たのかという事。

 

中国の中国外務省の趙立堅(ジャオリージエン)副報道局長は
『新型コロナウイルスは米軍が武漢に持ち込んだ可能性がある』
『ウイルスの発生源は中国とは限らない』

と主張した。

 

つまり中国は新型コロナウイルスが最初に中国から広がったからといって、中国から発生したとは限らないという主張をしているのだ。

 

別にアメリカの肩を持つわけでは無いが、根拠の無い主張に違和感と疑念を抱いた人は私だけではないと思う。

 

今、中国政府は、コロナウイルスの中国起源説が100%証明されていないのに中国を非難するのはおかしいと、非難している諸外国や国際社会に主張している。

 

そしてこれからは、
『科学の問題で専門家の意見を聞く』
というのが、今の中国の考えの様だ。

 

 

調査を要求した国を脅す

中国の責任を追及している国はアメリカだけではない。
オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランスなどでも、損害賠償を求める動きが活発になってきている。

実際にもうすでに損害賠償金の支払いを求める訴訟も起こっている。

 

オーストラリアの議員の中には、
『コロナウイルス感染によるオーストラリアの被害は中国政府の隠蔽工作に原因があるのだから、中国に被害への賠償を求めるべきだ』
『中国政府が支払いに応じない場合、中国の国有、国営企業がオーストラリアで保有する土地などの資産を没収して、賠償に替えるべきだ』

 

こうした動きで中国は更に反撃姿勢を強めている。

とりわけ取り上げられているのは、オーストラリアに対しての中国の対応だ。

 

オーストラリア在住の中国大使が
☑️オーストラリアがしている調査に落胆している。
☑️調査を進めることは危険なので中国への責任調査を中止せよ。
☑️要求に応じなければ、オーストラリア産のワインや穀物・牛肉などの輸入を止める
☑️留学ビジネスにも影響が出るはずだ。

という脅迫に近い発言をしている。

 

こういった行動や言動がさらに国際社会で批判されることに気づかないのが一番の中国の問題ではないかと思う。

まとめ

個人的に中国は好きな国の一つだった。
しかし今回の中国の対応は誠実とは言えないと感じる。

 

科学的な調査はどうであれ、パンデミックが最初に発生したのは中国武漢。
意図的ではないにしろ中国に多かれ少なかれ責任があるのは明白。

 

それなのに各国に寄り添うこともせず、今では弱ったヨーロッパなどの企業をどんどん買収までしている。
今このような状況の中、この後に及んで他国に軍事行動まで起こしている。

 

世界は今後、徹底的に中国を調査し真相を究明しなくては、新型コロナウイルスのパンデミックに本当の意味での決着はつかない。

 

個人的に今回の国際社会への中国の対応を見て少し軽蔑にも近い感情を覚えている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能・ニュース

Copyright© なまらあっつい , 2020 All Rights Reserved.